オナ電サイトの中には悪質サイトも存在します。悪質サイトは文字通り利用者に有無を言わさず料金を支払わせる手段を持っている事です。ハガキや封書、メールで請求し、それに従わなければ法的処分を受ける、遅れるとそれだけ支払額が増えると記載されています。

その為半ば脅迫文のような文章に脅威を感じてしまいそこから逃れたくて支払ってしまったり或いは問い合わせをしてしまう。ところが、電話で問い合わせをしても暴力団員のような物言いで怒鳴り散らされ恐怖のあまり結局払ってしまった例も少なくありません。

では、そうやって払ってしまったお金というのはもう二度と取り戻す事は出来ないのでしょうか?金額を支払ってしまい、後々ネットで探した機関に相談して初めて「請求された内容は法的に違反している」と気付いても遅すぎます。

それに悪質業者に一度払ってしまえば返金などというのは簡単に取り戻せません。いくら電話で必死に交渉しても相手にされず鼻で嘲笑されるだけです。

もし、文書を作り郵送したりして何とかしようにも相手先の会社名や住所そのものが存在しない場合もあります。そうする前にサイト名や新規登録、ログインしてからの各画面をUSBに保存したり印刷しておきましょう。

また、サイトから送られた請求依頼のメール内容をコピーしたものや銀行の振込控えと一緒に証拠資料として消費者生活センターに持参して相談に行く事が得策です。

もし堂々と悪質行為をしている悪質サイトであれば被害者達が相談に来ていて情報が揃うかもしれません。交渉次第では多少のお金が戻ってくるといったケースも見受けられるようです。

個人で交渉するにはある程度の法的知識を持ち証拠資料を集めた上で相手と電話交渉する覚悟がなければいけません。相手に言われるがままお金を払ってしまった人にこういった交渉事は向いていませんから専門家に任せるべきでしょう。

また相談ダイヤルを設けている専門機関もありますのでそこへ掛けてみるのもいいかもしれません。